構造・断熱 STRUCTURE & INSULATION

在来木造軸組工法

在来工法とも呼ばれ、日本の伝統的な木組みを活かした工法です。日本の気候風土に最適な工法として、今日まで受け継がれています。コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組みます。垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗するのを基本原理に、筋かいと呼ばれる斜材を数カ所に加3え、さらに補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。耐久性・安全性に優れ、地震や災害に強く、住む人の自由な設計プランを可能にするなど、多くの特長があります。

100%天然の本漆喰

白い壁で気になるのは壁の汚れ。「casa carina」では、白さを持続させるために、太陽の紫外線と反応して汚れを分解する100%天然素材のスイス漆喰を採用しています。室内にも採用するこの漆喰は、無垢の木と同等以上の優れた調湿作用を持ち、有害な化学物質も吸収分解。カビやウィルスを殺菌し、嫌なにおいも分解する効果が期待できます。

南欧風瓦

オレンジ、レンガ色、黄色、白、そして黒など、印象派の絵画のように美しい色彩を放つ屋根瓦は、まさに見る人の心をひきつけます。日本ではこのような屋根はあまり見ることができませんが、地中海地方ではこのような屋根瓦をとても大事にし、古さを大切にし受け継いでゆきます。こういった、南欧風住宅に使われる瓦を日本の現代風にアレンジしたものを、南欧風瓦として採用しています。雨風が強く、気候の変化の激しい日本の風土気候に適するように性能性を高めた新しい南欧風瓦は、雨漏りにも強く、南欧風の住宅にもマッチする洋瓦です。

玄関タイル

タイルは耐水・耐火・耐候・耐久性の機能をもつ建材です。他の建材と比べるとメンテナンスの点で非常に有利で、劣化や退色、破損などによる補修や貼り替え、または再塗装などのメンテナンスが長期間にわたり必要ありません。汚れもつきにくく、掃除も拭くだけで簡単。日常のお手入れ次第で、いつまでも美しさが保てるメンテナンスフリーの建材です。

高断熱ドア

玄関ドアにスウェーデン製の断熱性能の高いドアを採用。通常使われるアルミの玄関ドアよりも高い性能を持ち、外気の温度を室内に伝えず、また室内の温度を外にも逃しません。防犯性も高く、日本政府が定めるCP(防犯建物部品)に認定されている鍵を採用しています。室内温度と家族の安心を守る優れた玄関ドアです。

床・基礎の断熱

快適な住まいに欠かせない断熱。壁はもちろん「casa carina」の住まいでは、床にも断熱材を設置します。床断熱は冬の冷たい空気を遮り、夏は涼しい空間を保つ重要な役目をはたします。床断熱で一歩進んだ快適な住まいをご提供します。

樹脂サッシ

見た目の柔らかさや、暖かさだけでなく、性能の高さも同時に実現させました。住宅よりも一回り厚い樹脂サッシを採用することで、一般のアルミサッシよりも約3倍の断熱性能を生み出し、さらに高い気密性により結露の発生も抑えます。見た目と快適さの両方を持ち合わせた「casa carina」の特徴的な窓です。

壁・天井の断熱

断熱材として水性発泡ウレタンを吹き付けています。グラスウールなど繊維系の断熱材は、寸法が合ってなかったりすると、隙間ができることもありますが、発砲ウレタンは構造躯体の形状に合わせて発砲・硬化し、自ら接着するので、躯体との隙間がなく、断熱効果をより高めています。また、躯体に密着するので経年変化による脱落や剥がれもほとんどありません。